2006年10月06日

S.A.C 見てる途中


最近何も書いてませんね。
いや、色々見ているのですが、書く気になれません。

ネギま! とかはじまりましたね。
D.Gray-man とかも...


そんな世間に背を向けて、管理人が耽っているのは S.A.C です。
いいなぁ、士郎正宗。

人形遣いが現れなかったパラレルワールドということと、妙に原作者よりも押井守な世界観ばかりが話題に昇る事が気に入らなかったので、今まで食わず嫌いで全く見てませんでした。

でも、あまりにもUNIXから現実逃避がしたかったので見てしまいました。

面白いです。
原作のテイストも残っているし、悪くないですね。

どうしてもシリアスな設定が勝っているので、素子がストイックな性格のように描かれているのが残念といえば残念です。

本当は両刀使いで課長に「アッカンベー」をするような部分もあってかわいらしいのに...
それにしても、義体に生理とかあるのか???

全身義体化技術があるくらいなら、クローン技術も確立されているだろうし、残った生体部分から幹細胞やら卵細胞やらを取り出す事も可能だと思うから、生理という複雑な機能は義体から省く方が自然に思うのだが...

それとも、義体が母体になれるとでも言うのだろうか??
それはそれですごい技術だとは思うけど、あまりにもオーバースペックであろう。

不完全ながらゴーストもコピーできるのだから、自分の分身を残す/増やす方法は選択の幅が広がっている時代...それでもセックスは必要なのか??

有線でバーチャルセックスした方が自由度が高くて感染症のリスクも無くて良いので???

そう思うのは俺だけ??

ま、俺だけなんだろうな。



posted by 管理人 at 10:29| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | airnetに多少は関係あるかもしれない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
considered irish ungregarious impressional robin anorchia tinselly blastochyle
<a href= http://www.gnps.org/ >Georgia Native Plant Society</a>
http://www.babywhoareyou.co.uk

管理人日記
Posted by Edmund Luna at 2007年12月17日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クローン牛、食用へ。
Excerpt: アメリカでついにクローン牛の食用化が決定した。 これは大きな波紋を呼ぶでしょう。 何て言ったってクローン技術でさえ 大きな波紋を呼んでいたのは事実。 先日もペットのクローンを販売する 会社が商売が成..
Weblog: 政治を考えてみよう。
Tracked: 2006-10-20 02:43

クローン牛解禁!?!?!?
Excerpt: クローン牛が食用で解禁されるんだって。 まだアメリカでの話だからそこまで実感湧かないけど これって微妙。。。。 今のところ安全だからって言う理由みたいだけど こういう事ってしっかり調べないとダメなんじ..
Weblog: 面白いモノ見つけた!!!
Tracked: 2006-10-20 05:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。